« ニサッタ、ニサッタ | トップページ | ヘクサゴンの花のポーチ »

2011年10月10日 (月)

凍える牙

10142520 乃南アサの本をまた読み終わりました。直木賞受賞作です。ウルフドッグ(オオカミ犬)を使った復讐劇なのですが、読み進めていくうちにウルフドッグに魅せられてしまいウルフドッグの最期には哀しみを感じました。

15年前の作品なのでポケベルが出てきたりして時代を感じたのですがそれ以外は充分楽しめました。また他の乃南作品を読んでみたいと思います。

« ニサッタ、ニサッタ | トップページ | ヘクサゴンの花のポーチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニサッタ、ニサッタ | トップページ | ヘクサゴンの花のポーチ »